株式会社を設立したい方へ、設立に関する悩み・不安解消いたします。


〜会社を初めて設立される方の問い合わせが多いセンターですので、ご安心してお問い合わせください。
                                                    親切に応対させていただきます。〜


このホームページを見られている方は、会社の設立を考えていらっしゃると思います。まず、その気持ちを心から応援させていただきます。

なぜなら、日本は今後とも人口減少が続くことが予想されており、その結果、旧態以前の方法・やり方を続けていては買い手が減少するため、会社自体が持ちません。

新たな発想で新規に会社を設立していくということは、将来の雇用を生み出す、結果として、今後の日本を支えるとともに、日本経済を牽引していくことになります。

このような意欲のある将来の社長様をご支援させていただきたく、このホームページを作りました。


≪近畿税理士会 神戸支部所属 税理士・行政書士 森川和彦≫
住友不動産販売叶_戸営業センター税務相談役を務める






 

会社設立手続きについては、様々なホームページが開設されており、実際、どこに頼んだらいいのか判断に迷われると思います。

私からすると、電子定款に対応(印紙代4万円不要)していれば、金額的には大差がないように思います。

当センターの特徴は、会社設立のみならず、設立後の会社経営を踏まえて、最初から、設立以外の面でのアドバイス・サポートをしていけるというところにあります。


当センターでは行政書士・税理士・ファイナンシャルプランナー(1級ファイナンシャルプランニング技能士)が、実務をしておりますので、スムーズに会社設立前から、設立後に橋渡しができます。


また、依頼者の方が、各行政書士・司法書士・税理士等に個別に依頼する面倒がありません。

依頼先に応じて初対面の方に何人も会うことは、相性・料金、依頼者の時間などの問題もあり、結構手間になります。

もちろん、当センターは、電子定款に対応しており、印紙代(4万円)が要りません。



料金についてですが、
"ホームページのみの特典"とさせていただいておりますので、お問い合わせの際はホームページを見たとお伝えください。

≪ご自身で会社を設立したときの会社設立の費用(資本金1,000万円の場合)≫

ご自身で会社を設立した場合には、次の費用がかかります。

定款の認証代・・・・・50,000円

登録免許税・・・・・・150,000円

収入印紙代・・・・・・ 40,000円

謄本取得代・・・・・・  5,000円

交通費・郵送料・・・・・・3,000円

-----------------------------

合  計 ・・・・・・・248,000円


≪当センターで会社を設立したときの会社設立の費用(資本金1,000万円の場合)≫

定款の認証代・・・・・50,000円(ご自身でされても必要となる金額です)

登録免許税・・・・・150,000円(ご自身でされても必要となる金額です)

収入印紙代・・・・・・     0円(電子定款のため、収入印紙代は不要です)

謄本取得代・・・・・・ 5,000円(ご自身でされても必要となる金額です)

司法書士報酬・・・・ 40,000円(登記を提携の司法書士に依頼)

当センターの報酬・・10,000円(通常40,000円ですが、ホームページからのご依頼の特典です)

交通費・郵送料・・・・・・   0円(新規設立者を応援いたします)

-----------------------------

合  計 ・・・・・  255,000円


ただし、このプランは従来からご要望が多いため毎月、限定10社にさせていただいております。

この料金説明の通り、ご自身でされても、当センターに依頼されても差額7,000円のみであり、大変お得なものにしております。

※なお、さらに登記申請をご自身でされる場合は、司法書士報酬(40,000円)が不要になるため合計215,000円となり、、ご自身ですべてされるより▲33,000円となります

※なお、会社設立後は会計税務面等の手続き・決算もあるため、顧問契約が必要ですのでご了承ください。

上記のほか、会社の印鑑(3本 代表者印・銀行印・角印)が必要です。(3本セットで1万円前後〜あります。材質等や好みによって選んでください。)(インターネットで注文できます)当センターでもご希望があれば、代行を行っております


いかがでしょうか?


このホームページを見ておられる方は、新規に会社設立を考えておられる方だと思います。

会社の設立前から税理士との付き合いが始まります。

資本金をいくらにするのが得なのか?設立時の消費税で損にならないようにするにはどうしたらよいか?
青色申告の申請書はどうすればいいのか?会計ソフトはどれにすればいいのか?など様々なことを考えていく必要があります。また、期限を過ぎてしまったため、適用が受けられなく、不利な扱いとなっては取り返しがつきません。

そこで、設立に関する様々な疑問点や相談ごと、不安に思っていらっしゃることを当センターにお尋ねください。
経営者様を親身になってサポートさせていただきます。【運営:森川税理士・行政書士事務所】



日本政策金融公庫・各信用金庫・信用保証協会等の新規開業融資のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。


良い税理士に巡り会うことは、今後の会社経営にとって様々な面でプラスになります。
当センターで私と一度お会いして、将来の会社経営のことを話してみませんか?
当センター代表の森川税理士は御社のためにサポートしていく税理士です。
顧問先様も多く実績もありますので、ご安心してお任せください。
お気軽に電話・メール・FAXでご連絡ください。 お待ちしております。




【直近の実績】

資本金300万円の取締役一人の会社設立のご相談があり、一から社長様と話し合いを重ね、その会社の規模に適した定款作成等を行いました。会社設立登記も無事に終わり、当事務所と顧問契約が始まり、現在も順調に事業を進められております。
分からないことがあれば、その都度お電話やメール、ご訪問時に尋ねて頂いており、安心して事業に専念できていると言われ、帳簿を見させてもらうと売上のほうも順調そのもので、当センターとしても今後の成長が楽しみな顧問先様の1社になっています。

次へ



お問い合わせお待ちしています。お問い合わせ電話番号は、078−381−6996です。
(お電話受付時間は、平日午前9時〜午後7時となります。)
お気軽にお問い合わせください。お客様のための税理士ですのでご安心ください。


メールでのお問い合わせは、こちらからどうぞ(24時間365日受付中)